HOME / WWL/SSHについて / 探究 課題研究論文

WWL/SSH

探究 課題研究論文

〔2022課題研究論文〕

ssh3

班名 タイトル
物理A 液体の動きを用いた衝撃吸収について
物理B ブラジルナッツ効果の大物体と上昇のしやすさとの関係
化学A 抽出リモネンを用いた発砲スチロールの溶解
化学B  界面活性剤のもつ起泡力や洗浄力の違い
化学C  水素燃料電池の効率を上げるセルに使用する金属の種類
生物A  チャバネゴキブリのリモネン忌避性とそれに関する学習能力
生物B  人為的紅葉におけるアントシアニンの生成量と糖と光の関係
生物C  ナミハダニの色覚と温度による行動と食害防除の可能性
地学  五重塔に学ぶ制震技術とその応用
数学  因数の項数が単調増加数列で与えられる多項式の展開式の項数

〔2021課題研究論文〕

論文①(研究の様子) 論文②(発表会) 論文③(発表会)

班名 タイトル
物理A ピンポン球内の液体の動きを用いた衝撃吸収の方法について
物理B コマの条件変化が回転に及ぼす影響
化学A 電気分解の溶質の条件による電力効率の変化
化学B 旋光度測定を用いた単糖の立体異性体の比率解析
化学C 直線状銀樹の作成方法の検討
生物A ナミハダニの色覚と行動 ~防除の可能性~
生物B チャバネゴキブリが音波に対して示す行動
生物C 四つ葉のシロツメクサの発生と肥料の関係
地学 五重塔の各部分の位相のずれによる制震
数学 重心を用いた近似式の導出方法

〔2020課題研究論文〕

① 研究の様子 ③ 校外発表 ② 校内発表
研究の様子           校外発表          校内発表

班名 タイトル
物理A 接触面の条件変化による摩擦力の変動
物理B 物体後流の吸引力の変化
化学A 過飽和からのブレイク現象が安定して起きる条件
化学B CO2封入シャボン膜が収縮した原因とその対策の検討
化学C pH指示薬を封入した機能性マイクロカプセルの実用化
生物A アミメアリの行動選択の要因の比較
生物B プラナリアと色光
生物C 混植によるアレロパシー活性
地学 片栗粉を用いた節理のシミュレーション実験
数学 ‛自然数の累乗和’の累乗公式
(2020生徒研究発表会科学技術振興機構理事長賞受賞)
最終審査発表会の様子(リンクが開きます)

〔2019課題研究論文〕

2019-1 2019-3 2019課題研究(サイエンスフェスⅡ)
校外発表                    SSH生徒研究発表会   サイエンスフェスティバルⅡ

班名 タイトル
物理A 縦に編んだ紙の伸びと強度
物理B 流体の剥離による抵抗
化学A 化学発光における最適な条件について
化学B BR反応におけるMn2+による反応挙動への影響
化学C 化学実験で利用できる機能性マイクロカプセルの開発と応用
化学D 異なる条件下における過冷却現象の見られ方
生物A 蛾の幼虫が性フェロモンに誘引される性質について
生物B チャバネゴキブリの駆除におけるカフェインの効果の検討
地学 流星塵が気象に与える影響
数学 ユークリッドの互除法を用いて二元一次不定方程式の特殊解を求める過程の論理的解釈

〔2018課題研究論文〕

2018-1 2018-2 2018-3
校内発表           校外発表                  SSH生徒研究発表会

班名 タイトル
物理A 切り紙構造の弾性率とその力学的応用
物理B 落水による気泡発生の仕組み
化学A エッセンシャルオイルの製造と虫除け効果
化学B ろうそくの燃焼率と炎の同期現象の関連性
化学C 凝集による水の浄化
化学D 光源の色が折り紙の脱色に与える影響について
生物A ブルーライトがアワヨトウなどの生育に及ぼす影響
生物B チャバネゴキブリの振動感知と逃走反応
地学 校舎間におけるビル風の発生について
数学 yをxと+,-,×,÷のみを用いて表したときのxの個数の最小

〔2017課題研究論文〕

2017-1 2017-2 2017-3
校外発表                       サイエンスフェス     SSH生徒研究発表会

ページトップへ