4週連続キャリア教育講座「社会人と座談会」を開催しました。  | 滋賀県立彦根東高等学校 

HOME / お知らせ / 定時制 / 4週連続キャリア教育講座「社会人と座談会」を開催しました。 

お知らせ

定時制

4週連続キャリア教育講座「社会人と座談会」を開催しました。 

|2015年06月17日 6:37PM|

NPO法人D×P共催、キャリア総合学習を開催しました。

このプログラムは、NPO法人D×Pの事前研修を受講した県内の社会人や大学生の方々(以下、コンポーザー)約10名に参加していただく全4回の講座です。

第1回目:「失敗なんてあたりまえ」~負の経験の相対化~

最初は何が始まるのかわからず、少し戸惑う生徒たちでしたが、コンポーザーさんたちの温かい声かけによりすぐに表情がほぐれました。マトリクス自己紹介のあとは、コンポーザーさんたちがそれぞれの過去の自分を語ってくれます。普段は「オトナ」として一括りに見ている人々が、それぞれ異なるストーリーを持ち、実は色んな失敗をしながらも、それを克服し、回避したり、うまく付き合ったりしながら、現在に至っていることを知ります。会話の中で自然に生まれた質問や、深くうなずく表情を見ていると、多様なストーリーの数々が多くの生徒の救いや励みになったようです。すでに次回が待ち遠しいと元気に帰って行く姿が印象的でした。

DP1DP2

まずはお互いの自己紹介から ゆっくり緊張がほぐれていきます

DP3

DP4

  山あり谷ありの聞き応えのあるストーリーに 多くの質問が飛び出しました

 第2・3回目:「みんなの生活みてみよう」~多様な生き方を知る~

まずは出題される特徴が何の職業の説明なのかをチームで当てる「シゴト発見カルタ」から始まりました。資格の有無や向いている特性など、各々が持っている職業知識を出し合ってカードを絞り込み、チームで協力する姿が印象的でした。その後は、コンポーザーさんたちから進路選択時の話や、今の仕事の話、これからやってみたい方向性などを「現在のジブン」として話していただきます。どのコンポーザーさんも、パワーポイントや画像、雑誌など、生徒たちに伝わりやすく工夫しながら、それぞれの本音を展開してくれました。2回の講座を通して、約4~5名の話をたっぷり聞くことができます。語ってくれるコンポーザーさんたちの活き活きとした表情やワクワクするような雰囲気が、何よりも生徒を魅了し、「自分の人生を生きるっておもしろいんだ」という印象を与えたと思います。生徒からの様々な質問にも、丁寧に答えてくださったコンポーザーの皆さんに感謝です。

DSC_0013 DSC_0034 DSC_0125 DSC_0135

 第4回:「みんなのユメ展示会」~自分の考えを表現~

最終回は、今までのプログラムを振り返り、現在の自分の夢や目標、やってみたいことを絵や文字で表現し展示をしました。今年中の目標や遠い将来の夢など、それぞれが思い思いにペンを走らせていました。この学校から発信された多様な生き方の展示会はとても見応えがありました。最後に、ひとつひとつの夢の作品に対して各自がコメントを記入します。友達や社会人の方とこの様な話をするのは、実は希少な機会かもしれません。内在しているものを、一度、言葉や絵に描いて外に発信してみることで、自分の将来を考える視点がまたひとつ増えたのではないかと思います。全4回の授業を共にしてくれたコンポーザーさんたちとの別れを惜しみながら、前向きな気持ちのなかで、本プログラムは終了しました。(2015.6.4/11/18/25)

DSC_0154 DSC_0147

コンポーザーの皆さん、D×Pスタッフさん、

充実した時間をありがとうございました。

前の画面に戻る

ページトップへ