HOME / 学校紹介 / 学校長挨拶

学校紹介

学校長挨拶

滋賀県立彦根東高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
校長の橿原義幸です。
本校は、琵琶湖の東方、江戸時代に彦根藩三十五万石の城下町として栄えた彦根市の特別史跡「彦根城」内に位置し、四季折々に姿を変える風光明媚な環境の中に校舎があります。
明治9年(1876年)開校の彦根学校を起源として140有余年の伝統があり、ルーツをさらにたどれば、寛政11年(1799年)に創設された彦根藩の藩校「稽古館」にまでさかのぼります。以来今日まで、彦根藩の「赤備え」に由来する先駆者精神「赤鬼魂」を継承し、政治、経済、学術、文化、教育などあらゆる分野において、長年にわたり優れた人材を世に送り出してまいりました。現在も、各界で活躍される方々の講演やディスカッションを通して、志高く社会に貢献したいという思いを育てる「リーダーシップ・プロジェクト」を進めています。
平成16年度からは文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の研究指定を受け、現在4期目、15年にわたり理数系教育の先進校として科学系人材の育成に力を入れています。大学等の専門機関の協力を得ながら研究を進めるとともに、世界に通用する資質・能力を育むため、米国メーン州にある科学技術系のトップ高校MSSM(The Maine School of Science and Mathematics)やコロラド州にあるSMHS(St. Mary’s High School)と連携し、海外研修や課題研究の交流なども実施しています。
また、高等学校新学習指導要領が告示され、大学入学者選抜が大きく変わろうとしている今、時代が若者に求める力を的確にとらえ、「知識・技能」、「思考力・判断力・表現力」や「主体的に学びに向かう態度」を高い次元で育む授業を日々展開しています。教師集団が互いに研鑽を重ねながら、校歌の一節である「求めよ 普く 究めよ 深く」のとおり「深みのある授業」を実践し、生徒の探究心を高めることを重視しています。さらに電子黒板やタブレットなどの活用はもとより、平成30年度入学生からは、先端のICTを活用した新しい学習指導にも着手しています。
一方、学力だけでなく豊かな人間性を育むことも本校の大切な目標であり、文武両道は学校の歴史を貫く重要な精神となっています。部活動においては野球部をはじめ剣道部や卓球部などの運動部が全国大会に出場し、文化部においても新聞部や囲碁部、文芸部などが全国大会で上位入賞を果たすなど活躍しています。特に野球部は平成29年から30年にかけて甲子園に夏春連続出場し、ともに初戦を勝ち抜くなど素晴らしいプレーを見せてくれましたし、春の選抜大会では本校応援団もマナーの高さなどを評価され最優秀応援団賞を受賞しました。さらにSS部数学班がISEFの科学コンテスト世界大会に5月に出場するなど学校全体が活気づいています。
これからも、伝統の上に築かれた「自主自律」、「文武両道」の精神と「赤鬼魂」を継承し、未来をたくましく切り拓く知性と教養ある人材、社会に貢献する志高い人材の育成を目指してまいります。

 


ページトップへ