HOME / SSHについて / MSSMとの連携について

SSH

MSSMとの連携について

平成26年度より、アメリカ合衆国メーン州にあるMaine School of Science and Mathematics(MSSM)と連携し、国際的な科学的交流を深め、本校生徒の国際性および実践的英語力の強化を図っています。
MSSMは、National Consortium for Specialized Secondary School of Mathematics, Science & Technology(NCSSSMST)というアメリカ版SSH事業の指定校となっており、昨年度は下記の日程で本校生(10名)によるMSSMへの訪問研修を行いました。

平成26年度 彦根東高等学校SSH「MSSM訪問研修」実施要項

 日程

平成27年3月14日(土)~3月26日(木)  12泊13日

研修地

アメリカ合衆国(Maine州のライムストーン・バンゴア、ワシントンD.C.)

訪問先と研修内容

1.MSSM

MSSMの生徒1人に対して、彦根東高校の生徒1人が組み、MSSMの生徒がとる授業に参加をする。また、1週間の滞在の中で、それまでにやった課題研究を英語にてプレゼンテーションをし、意見交換をする。

2.Maine State Science Fairに参加(日本初)
3.スミソニアン博物館(国立航空博物館、国立自然史博物館、アメリカ歴史博物館)
  • 学芸員による説明、テーマ別(グループ別)自主研修
  • 調べ学習によるレポート作成
4.NASAゴダード宇宙飛行センター(講義と施設見学)

行程の概略

こちらをクリックしてください>>

ページトップへ